加賀友禅

加賀友禅は、金沢に生まれ自然の美しさや
四季の移ろいを意匠に取り入れ、
その色彩の艶やかさが特徴です。
その制作手法は江戸時代から変わらず、
頑に職人の手によって受け継がれてきました。
現代まで受け継がれる技術で、
「かしこ」彩ります。

伝統を紡ぐ
新しい世代へ

越前和紙

日本最古にして最大の和紙の産地、越前。
ここは日本で唯一、紙の神様が祀られ、
千五百年前から和紙づくりが発展してきた場所。
古から続く技術で、
加賀友禅の技術を余すことなく
表現するよう仕上げました。

覧故考新

古き良き伝統を想いながら、
新しいものを考え、
創り出していくこと。
現代はデジタル社会だからこそ、
日本人として本当に大切にしたいこと、
忘れてはいけないことがあると思います。
ときには筆をとり、想いをしたためる。
現代女性の生活を彩る
お手伝いをさせていただきます