時代を超えても変わらない伝統の良さ、重み、まだ見たことのない新しい感性。

先達が育んでくれた豊かな文化を次世代に繋いでいきたいという想いを込めて創り上げたもの。

それが「K A S H I K O」です。

伝統的なスタイルを愉しむ

石川県には36種類の伝統工芸があり、今日でも私たちの生活に息づいています。K A S H I K Oは今のライフスタイルで愉しめるよう、伝統工芸が持つデザイン的価値を抽出して文具として展開しています。

作家さんを支える

伝統工芸は使う人と作家さんの手仕事が出会って、始めて次の世代へ引き継がれていきます。K A S H I K Oを通して作家さんのデザインの素晴らしさを感じて頂きたいです。

紙で伝える大切さ

人生のいくつかの場面ではデジタルでなく紙で相手に感謝の気持ちを伝えることが大切です。手にとることで紙の肌触りや筆感等が一体となり感謝の気持ちが体験として相手に伝わるからです。